News

ニュース

最新の導入事例や取り組みをご紹介します。

2007.08.13

Mitaka Plus ver.1.1.0 リリース、スクリプト対応

Mitaka Plus プロジェクトのリリース第二弾となる ver.1.1.0 の公開を開始しました。今回の ver.1.1.0 では、スクリプトによる動作制御に対応しました。 続きを読む

2007.08.13

ORIHALCON Project ウェブサイトリニューアル

当ウェブサイトを大々的にリニューアルいたしました。関連する様々なプロジェクトや技術情報についても公開を開始いたしました。今後ともよろしくお願いいたします。なお、リニューアルにあたっては Viva Mambo, Inc.様に全面的に協力いただきました。 続きを読む

2007.08.13

もうひとつのスペースエンジン

Siggraphの会場で、久しぶりにDenver MuseumのKa Chun氏と会いました。最後に会ったのはシカゴの天文可視化ワークショップの時で、もう2年ぶりくらいになります。 続きを読む

2007.07.31

LectCam ver.1.0.0 リリース

Lectools プロジェクトがリリースするツールの第一弾として、LectCam(レクトカム) ver.1.0.0 の公開を開始しました。LectCam は、実験授業などで便利に利用できるライブ映像活用ツールです。公式サイトよりダウンロードして無償でご利用いただけます。 続きを読む

2007.07.31

Lectools.jp ウェブサイトの公開開始

オリジナルの e-Learning 用ソフトウェアを公開する、Lectools.jp ウェブサイトをオープンしました。授業やプレゼンテーションに気軽に使える便利なツールの公開を行っていきます。ご期待ください。 続きを読む

2007.06.22

発表資料「究極のスペースエンジン」を公開しました

全国プラネタリウム大会・日立2007での発表資料「究極のスペースエンジン」を公開しました。これまでの発表資料についてはこちらにまとめてあります。 続きを読む

2007.06.19

Scaling The Universe ウェブサイトの公開開始

ORIHALCON Project が開発を行っている次世代スペースエンジン Uniview の日本語オフィシャルサイト、ScalingTheUniverse をオープンしました。基本的に本家英語版サイトのミラーサイトですが、日本語での情報発信やサポートを行う予定です。日本初上陸のハイエンドスペースエンジン Uniview、まずはその機能の数々をご覧ください。 続きを読む

2007.05.31

Mitaka Plus ver.1.0.0 リリース、Macintosh版も

Mitaka Plus プロジェクトのリリース第一弾となる ver.1.0.0 の公開を開始しました。今回の ver.1.0.0 では、待望の Macintosh プラットフォームへの移植を行いました。また、プラネタリウムモードで88星座の星座絵を表示するようにしました。宇宙空間モードでもいくつかの星座絵が表示されます。 続きを読む

2007.05.31

Mitaka Plus プロジェクトを開始しました

Mitaka Plus は、国立天文台4次元デジタル宇宙プロジェクト(4D2U Project)の Mitaka をベースに、使い勝手や機能の向上を行うプロジェクトです。Mitaka および Mitaka Plus についての当サイト内での紹介はこちら、また Mitaka Plus の公式ウェブサイトもオープンしました。今後のリリースにご期待ください。 続きを読む